陸上最強の動物トップ10

陸上に住む動物は昆虫を除いて凡そ25万種と言われているが、その中には体が大きくタフなものや、身体が硬いよろい(うろこ)に覆われているものや、身体は小さいが強力な毒をもつものなど、実に様々だ。

今回はそんな陸上に住む25万種の中からトップ10を様々な資料を参考にしながら独自に選んでいきたいと思うので最後まで楽しんで読んでくれたら幸いだ。




第10位ーゴリラ

ゴリラは人間と同じ霊長類の一種であり知能が非常に高く、表情や仕草などは人間と良く似ているが身体能力は比べ物にならないほど優れている。

例えば握力、世界的に見た成人男性の握力の平均値はおよそ40~50kgだが、ゴリラの握力はその10倍の400~500kgではないかと言われている。

他にも噛む力は人間のおよそ7~8倍もあり、これは動物界の中でもトップクラスの咬合力だ。

本来ならもっと上位にランクインしても良いくらいのポテンシャルを秘めているが、穏和な性格や体が比較的そこまで大きくない事を考慮してこの順位とする。

ゴリラの倒し方


第9位ーキングコブラ

キングコブラは東南アジアに生息する毒蛇だ。

毒の強さ自体は他の毒蛇の方が強い場合もあるが、ひと噛みで注入できる毒の量が桁外れで、その量は凡そ7ミリリットルほどと言われており、これは人間約20人分の致死量に相当するそうだ。

キングコブラの毒は人間だけでなく他の多くの動物にとっても恐るべき脅威だが、牙が短いのでゾウなどの皮膚の厚い動物には毒が注入出来ず、文字通り歯が立たないようだ。

また、体重が6~12kgほどと非常に頼りないので、大型の動物が相手の場合は瞬殺されてしまう可能性もある。

キングコブラの倒し方


第8位ーコモドドラゴン

コモドドラゴンはインドネシアの小スンダ列島に生息する世界最大のトカゲで、過去には人間も食い殺した事もあるらしく、非常に獰猛な事で知られている。

体長は尻尾も含めて凡そ2~3mほどもあり非常に大きく感じるが、体重は40~70kgほどとそこまで重くない。

しかしコモドドラゴンには血液の凝固を阻害する出血性の猛毒ヘモトキシンと呼ばれる非常に強力な武器がある。

毒の注入は獲物を噛む事によって行われ、噛まれた獲物は出血が止まらなくなるので、その場は逃げおおせたとしても数日後には死んでしまうそうだ。

コモドドラゴンの倒し方


第7位ーイリエワニ

イリエワニの体長はおよそ4~6mほど、体重は400~450kgほどで、これは現存する爬虫類の中で最も大きいと言われている。

また、噛む力も陸上に生息する動物の中では断トツのトップであり、人間のおよそ50倍ほどもあるそうだ。

恐竜並みの戦闘能力の高さを誇るイリエワニだが、彼等はあくまでも水陸両生の生物なので、他の大型動物達と陸上で闘うのは分が悪い。

なので順位は7とする。

※水陸両生の生物は得てして水中の方が戦闘能力を発揮しやすい

イリエワニの倒し方


第6位ーライオン

ここでようやく百獣の王ライオンの登場だ。

ライオンは世界最大のネコ科動物としてトラと並んで称される事が多いが、実際にはアフリカのサバンナに生息するライオンよりも極東ロシア(シベリア)に生息するシベリアトラ/アムールトラの方が一回り大きい印象だ。

それでも体長は1.6~2.5mほど、体重はおよそ150~250kgほどで、非常に大きく貫禄があり、また、噛む力も人間の4倍ほどで、最高速度はおよそ50~60km/hと身体能力も高い。

その一方で、同じくアフリカに住む大型の草食獣ゾウやサイ、カバなどには体のサイズで大きく劣るので1対1の闘いでは勝負にならないだろうと言われている。

ライオンの倒し方


第5位ーヒグマ/ホッキョクグマ

日本にも北海道に生息しているヒグマは世界的にはBrownブラウン BearベアまたはGrizzlyグリズリー Bearベアなどと呼ばれており、主に北アメリカやアラスカ、ロシアなどに多く分布している。

体長は2~3m、体重は250~500kgと非常に大きく、また時期によってはオス、メス共に獰猛になるので各地で獣害事件が多発しており、日本でも過去に多くの人がヒグマに襲われて命を落としたそうだ。

さらに、身体の大きさの割に走るのがとても早く、最高速度は40~60km/hにもなり、また、噛む力は人間のおよそ7~8倍ほどと凄まじい。

第4位にランクインしているトラを除けばヒグマは陸上に住む肉食獣の中で最強の種だと言えるだろう。

なお、ホッキョクグマに関してはヒグマとほぼスペックが同じなので順位は同じく第5位に設定した。

ヒグマの倒し方


第4位トラ

トラは住む地域によって体のサイズが大きく異なるが、最も大きいとされるシベリアトラ/アムールトラは体長2~3m、体重130~300kgほどもあるそうだ。

また、噛む力は人間のおよそ7倍、最高速度は49~65km/hほどで、数値で見ると身体の大きさや身体能力などのスペックはヒグマとほとんど同じように見えるが、トラは手ごろな獲物がいない場合はヒグマを襲って捕食する事があるそうなので順位はヒグマより上の第4位に設定した。

なお、トラの中で最も小さい種と言われるスマトラトラは全長およそ2~2.7m(頭胴長150~180cm、尾長70~90cm)ほどだそうだ。

トラの倒し方


第3位ーカバ

カバはアフリカに生息する大型の草食獣で陸上の動物の中でゾウ、サイに次いで3番目に大きな動物だ。

体長は2~4m、体重は1.5~3t、最大の武器は下顎に生えた硬くて丈夫な犬歯で、最大で50cmほどにも達する事があるそうだ。

また、噛む力は人間のおよそ11倍で、さらに口の開口範囲はおよそ150度ほどとかなり広いのでどんなに大きな相手でも一噛みで串刺しにする事が出来ると言われている。

一見穏やかに見えるが縄張り意識が非常に強く、侵入者に対しては容赦なく攻撃をしかけるので実際にアフリカではライオンよりも恐れられているそうだ。

カバの倒し方


第2位ーシロサイ

シロサイはアフリカに住む大型の草食獣で体長は3~4m、体重は2~3.5tと、まるで乗用車並みの大きさである。

また、最高速度は脅威の50km/hで、皮膚の硬さは動物の中で最も硬いと言われているので、もしも突進された場合は時速40~50kmで走る車に轢かれるのとほとんど変わらないだろう。

おまけにシロサイには最大で1.6mほどにもなる角があるので、ゾウを除けば地上でシロサイに勝てる動物はいないだろう。

シロサイの倒し方


第1位ーアフリカゾウ

恐らく満場一致で地上最強の生物はアフリカゾウで間違いないだろう。

なぜなら大きさが桁外れだからだ。

体長はおよそ4~6m、体重は4~7t、体高は3~4mほどの超ド級のモンスターだ。

昔なにかのドキュメンタリー番組で20頭ほどのライオンの群れをたったの1頭で蹴散らすアフリカゾウの映像を観た時にアフリカゾウの地上最強を確信したのを覚えている。

アフリカゾウの倒し方


あとがき

いかがだっただろうか?

トップ1・2・3以下の動物のランキング順位については人によって解釈が異なる場合があるが、その辺は大目に見てもらえると幸いだ。

なお、各動物の項目の最後にはそれぞれの動物の倒し方のリンクを貼って置いたので時間のある方は是非観てみて欲しい。




天文学者 ガリレオ・ガリレイについて



ガリレオは16世紀後半からから17世紀中頃にかけて活躍したイタリアの数学者、物理学者、天文学者である。

天体観測に初めて望遠鏡を導入し、人類初と言える本格的な天体観測を行い、様々な業績を残した彼は後世では「天文学の父」と称されている。

“天文学者 ガリレオ・ガリレイについて” の続きを読む

ウォルト・ディズニーについて



ウォルト・ディズニーは言わずと知れた20世紀を代表するアメリカの漫画家アニメーション作家であり、世界的に有名なアニメキャラクター「ミッキーマウス」の生みの親にして、『ディズニーリゾート』の創立者である。

なお、上記では彼の事をミッキーマウスの生みの親と言ったが、実際に「ミッキーマウス」というキャラクターを作り出したのは当時アニメーターとして共に活動していたアブ・アイワークスだそうだ。

“ウォルト・ディズニーについて” の続きを読む

小説家 ヘミングウェイについて



ヘミングウェイは1923年から1961年にかけて活躍した20世紀を代表するアメリカの小説家・詩人の一人である。

とても行動的な作家で、若い時には赤十字の一員として戦地に赴き第一次世界大戦を経験したり、1930年には人民戦線政府側としてスペイン内戦にも積極的に関わったそうだ。

彼の代表作のうち、スペイン内戦を舞台にした恋愛/戦争小説『誰がために鐘は鳴る』や、第一次世界大戦のイタリアを舞台にした恋愛/戦争小説『武器よさらば』などは明らかに自身の戦争経験を元に描かれた作品である。

“小説家 ヘミングウェイについて” の続きを読む

ロック歌手 ジョン・レノンについて

ジョン・レノンは言わずと知れた20世紀を代表する音楽グループ、The Beatles(ビートルズ)のヴォーカリストギタリストである。

ビートルズ解散後はソロで、主に妻で音楽家の小野洋子おのようこと共に活動をし、1969年には「プラスティック・オノ・バンド」を結成し音楽活動を行っていたそうだ。

“ロック歌手 ジョン・レノンについて” の続きを読む

画家 クリムトについて

クリムトは19世紀終盤から20世紀初頭にかけて活躍したオーストリア出身の画家である。

また、彼はウィーン分離派の創設者にして、象徴主義アール・ヌーヴォーを代表する一人であると言われている。

『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像』のように金箔を多用した黄色を基調とする装飾的な作風で有名なクリムトだが、日本の浮世絵琳派りんぱゴッホの風景画などを彷彿ほうふつとさせる作品も多数残している。

“画家 クリムトについて” の続きを読む

漫画家 手塚治虫について

手塚治虫は戦後の日本において活躍した大阪出身の漫画家アニメーション作家である。

『ブラック・ジャック』や『鉄腕アトム』など多数の人気作品を手掛けた彼は、亡くなるまで第一線で作品を発表し続け、存命中から「漫画の神様」と評されていたそうだ。

なお『ブラック・ジャック』と言えば、手塚治虫は戦後に大阪帝国大学附属医学専門部に入学しており、後に漫画家として連載の執筆をしながら医師国家試験に合格している。

“漫画家 手塚治虫について” の続きを読む

絵本作家 エドワード・ゴーリーについて

エドワード・ゴーリーは世界中に熱狂的なファンを持つアメリカの絵本作家である。

細い線で描かれたモノクローム(白黒)のイラストが特徴的な彼の作品は芸術性が高く、また内容も残酷で不条理なものが多い事から「大人のための絵本」と言われている。

というより「児童向けの絵本とは言えない」と言った方が正しいのかも知れない。

“絵本作家 エドワード・ゴーリーについて” の続きを読む

画家 アンリ・ルソーについて

ルソーは19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍したフランスの素朴派の画家である。

彼の作品は一見すると未熟で幼稚な印象を受けるが、実際は芸術性が非常に高くピカソゴーギャンルノワールなどの著名な画家も彼の作品に興味を持っていたと言われている。

“画家 アンリ・ルソーについて” の続きを読む

画家 ゴヤについて

ゴヤは18世紀から19世紀にかけて活躍したスペイン出身の画家である。

40歳で時の国王カルロス3世付き画家となり、その後は新国王のカルロス4世の宮廷画家に任命されるなど、画家として最高の地位についたゴヤだが、その僅か数年後に大病にかかり聴力を失い、さらにナポレオン率いるフランス軍がスペインに侵攻した事によって起きたスペイン独立戦争に巻き込まれるなど、後半は波乱に満ちた半生を送ったと言われている。

“画家 ゴヤについて” の続きを読む