妖精 ベン・ニーアについて

ベン・ニーアとは

ベン・ニーアとはスコットランドの伝承に登場する女性の妖精の事である。

アイルランドのバン・シーとよく似た妖精で、ベン・ニーアもまた「死の前兆ぜんちょう」であると言われている。

バン・シーは基本的に家に憑く妖精で、泣き叫んで身内が死に近い事や身内の死などを家族の者に知らせるのに対し、ベン・ニーア人気ひとけのない小川や池、湖などに出没する妖精、精霊で、死に近い者の衣服を洗濯し、血を洗い流すと言われている。

伝承の内容は地域によって様々であるが、一説によると、ベン・ニーアは出産後すぐに亡くなった女性の霊(精霊)で、本来の寿命の分だけ、死に近い者の衣服を洗濯する運命にあるそうだ。

ちなみに、beanベンはスコットランドのゲール語で「女性」を意味し、nigheニーアは「洗う人・洗濯」などを意味するそうだ。

英語ではwasherウォッシャー womanウーマン洗濯女」と呼ばれる事もあると言う。





見た目

ベン・ニーアの見た目の描写は地域によって様々である。

ある説によれば、醜い老婆のような姿をしていると言われ、また別の説では若い娘のような姿をしていると言われている。

大きさに関しても同じで、スコットランドの高地地方に伝わる有名な伝承によると「背の高い女」などと描写されているが、スコットランドの中部地方に伝わる伝承では緑色の服を着た、丸々とした「小さな女」などと言う風に描写されている。


特徴

スコットランドの西側に位置するヘブリディーズ諸島の一部であるマル島タイリー島に伝わる伝承によると、ベン・ニーアの乳房は異常なほど長く、洗濯の邪魔になるので彼女は洗濯をする間は乳房を肩にかけて、背中にぶら下げていると言われている。

また、彼女の姿を見た者はその場から逃げてはならず、彼女に気づかれないように後ろから静かに近づかなければならないそうだ。

そして、彼女の乳房を掴み、口に含んで「私はあなたの養子です」と主張すると、どんな情報や知識でも望むものを与えてくれると言われている。

また、例えば、「誰の衣服を洗っているのですか?」と彼女に尋ね、もしも彼女が自分の敵や憎い者の衣服を洗っていると答えた場合は、そのままその衣服を洗うようにと言えば、その相手は間もなく亡くなるそうだ。

反対に、自分の衣服や自分と親しい者などの衣服を洗っていると答えた場合は、その衣服を洗うのを止めるようにと言うと、自分や自分と親しい者などの死する運命を回避する事が出来ると言われている。

また、ヘブリディーズ諸島の中で最も大きな島、スカイ島に伝わる伝承によると、ベン・ニーアを捕まえた場合は、質問に何でも答えてくれると言われているが、その見返りに彼女の質問にも正直に答えなくてはならないそうだ。

さらに、彼女に先に見つかってしまうと手足が不自由になってしまうとも言われている。





関連記事

妖精 バンシーについて

精霊 ノッカーについて

妖精 ロブについて

妖精 ボガートについて

妖精 ブラウニーについて

妖精 バン・ティーについて

妖精 バリーボッグについて

妖精 キルムーリスについて

妖精 フーアについて

妖精 クラリコーンについて

妖精 ファー・ダリグについて

水の妖精 アスライについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です