天文学者 ガリレオ・ガリレイについて



ガリレオは16世紀後半からから17世紀中頃にかけて活躍したイタリアの数学者、物理学者、天文学者である。

天体観測に初めて望遠鏡を導入し、人類初と言える本格的な天体観測を行い、様々な業績を残した彼は後世では「天文学の父」と称されている。

“天文学者 ガリレオ・ガリレイについて” の続きを読む

ウォルト・ディズニーについて



ウォルト・ディズニーは言わずと知れた20世紀を代表するアメリカの漫画家アニメーション作家であり、世界的に有名なアニメキャラクター「ミッキーマウス」の生みの親にして、『ディズニーリゾート』の創立者である。

なお、上記では彼の事をミッキーマウスの生みの親と言ったが、実際に「ミッキーマウス」というキャラクターを作り出したのは当時アニメーターとして共に活動していたアブ・アイワークスだそうだ。

“ウォルト・ディズニーについて” の続きを読む

小説家 ヘミングウェイについて



ヘミングウェイは1923年から1961年にかけて活躍した20世紀を代表するアメリカの小説家・詩人の一人である。

とても行動的な作家で、若い時には赤十字の一員として戦地に赴き第一次世界大戦を経験したり、1930年には人民戦線政府側としてスペイン内戦にも積極的に関わったそうだ。

彼の代表作のうち、スペイン内戦を舞台にした恋愛/戦争小説『誰がために鐘は鳴る』や、第一次世界大戦のイタリアを舞台にした恋愛/戦争小説『武器よさらば』などは明らかに自身の戦争経験を元に描かれた作品である。

“小説家 ヘミングウェイについて” の続きを読む

ロック歌手 ジョン・レノンについて

ジョン・レノンは言わずと知れた20世紀を代表する音楽グループ、The Beatles(ビートルズ)のヴォーカリストギタリストである。

ビートルズ解散後はソロで、主に妻で音楽家の小野洋子おのようこと共に活動をし、1969年には「プラスティック・オノ・バンド」を結成し音楽活動を行っていたそうだ。

“ロック歌手 ジョン・レノンについて” の続きを読む

画家 クリムトについて

クリムトは19世紀終盤から20世紀初頭にかけて活躍したオーストリア出身の画家である。

また、彼はウィーン分離派の創設者にして、象徴主義アール・ヌーヴォーを代表する一人であると言われている。

『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像』のように金箔を多用した黄色を基調とする装飾的な作風で有名なクリムトだが、日本の浮世絵琳派りんぱゴッホの風景画などを彷彿ほうふつとさせる作品も多数残している。

“画家 クリムトについて” の続きを読む

漫画家 手塚治虫について

手塚治虫は戦後の日本において活躍した大阪出身の漫画家アニメーション作家である。

『ブラック・ジャック』や『鉄腕アトム』など多数の人気作品を手掛けた彼は、亡くなるまで第一線で作品を発表し続け、存命中から「漫画の神様」と評されていたそうだ。

なお『ブラック・ジャック』と言えば、手塚治虫は戦後に大阪帝国大学附属医学専門部に入学しており、後に漫画家として連載の執筆をしながら医師国家試験に合格している。

“漫画家 手塚治虫について” の続きを読む

絵本作家 エドワード・ゴーリーについて

エドワード・ゴーリーは世界中に熱狂的なファンを持つアメリカの絵本作家である。

細い線で描かれたモノクローム(白黒)のイラストが特徴的な彼の作品は芸術性が高く、また内容も残酷で不条理なものが多い事から「大人のための絵本」と言われている。

というより「児童向けの絵本とは言えない」と言った方が正しいのかも知れない。

“絵本作家 エドワード・ゴーリーについて” の続きを読む

画家 アンリ・ルソーについて

ルソーは19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍したフランスの素朴派の画家である。

彼の作品は一見すると未熟で幼稚な印象を受けるが、実際は芸術性が非常に高くピカソゴーギャンルノワールなどの著名な画家も彼の作品に興味を持っていたと言われている。

“画家 アンリ・ルソーについて” の続きを読む

画家 ゴヤについて

ゴヤは18世紀から19世紀にかけて活躍したスペイン出身の画家である。

40歳で時の国王カルロス3世付き画家となり、その後は新国王のカルロス4世の宮廷画家に任命されるなど、画家として最高の地位についたゴヤだが、その僅か数年後に大病にかかり聴力を失い、さらにナポレオン率いるフランス軍がスペインに侵攻した事によって起きたスペイン独立戦争に巻き込まれるなど、後半は波乱に満ちた半生を送ったと言われている。

“画家 ゴヤについて” の続きを読む