悪魔 クロセルについて

名:クロセル(Crocell) 序列:49 爵位:公爵 惑星 :金星 星座:獅子宮ししきゅう(しし座)





クロセルとは

クロセルとは悪魔学における悪魔の一人で、『ゴエティア』に記載された「ソロモン72柱の悪魔」の1柱を担う魔神である。

『ゴエティア』によると、クロセルは地獄の魔神48個軍団を支配する序列第49の悪魔、偉大にして強靭な地獄の公爵であるという。

発音の関係でクローセル、クローケル、クロケル、などとも呼ばれるそうだ。

また、彼は天使の姿で人間の前に現れるという。

次に、彼の持つ能力や術者にもたらす恩恵についてだが、彼はいつでも大量の水が押し寄せるような轟音を立てる事が出来るそうだ。

他にも、水を温めたり、温泉を発見する事も出来るという。

温泉で一発当てたい人は彼を呼び出してその力を借りると良いだろう。

また他にも、彼は隠された物事について神秘的に語ったり、人間に基礎教養学問の知識を授けたりするそうだ。

さて、クロセルは多くの魅力的な能力を持つ悪魔だが、彼を召喚し、使役しえきする事を望む者は、彼(下記)の印章を羊皮紙ようひしまたは金属板に書いて身に着けておくべきであり、もしも怠った場合は彼を従える事は出来ず、恩恵は受けられないそうなので注意されたし。

ところで、彼の持つ「いつでも大量の水が押し寄せるような轟音を立てる」という能力についてだが、一体なんの役に立つのだろうか?

恐らく実際にそのような音を立てるというよりは「大量の水が押し寄せるような轟音の幻聴を聞かせる」という事なのだろうが、それでも用途は不明である。

私がパッと思いつくこの能力の用途はネズミなどの細菌を持つ動物やクマなどの危険な動物をその轟音で驚かせ、追い払う事であるが、どうだろうか。


備考

キリスト教には悪魔は天使が堕落したものだという考えがあるが、実際に「ソロモン72柱の悪魔」の中にはかつて高位の天使だったものが多数いる。

クロセルもその一人であり、彼はかつての主人であったソロモン王に自分はかつて能天使のうてんしの階位にあったと語ったそうだ。

ちなみに、能天使と9つある天使の階級の中で、上から6番目に偉いとされる天使達の総称である。

以下に天使の階級をまとめたものを記載しておくので参考にして欲しい。

上位三隊「父」の階層

熾天使してんし

智天使ちてんし

座天使ざてんし

中位三隊「子」の階層

主天使しゅてんし

力天使りきてんし

能天使のうてんし

下位三隊「聖霊」の階層

権天使けんてんし

大天使だいてんし

天使


参考文献

・英語版ゴエティア 英訳:マクレガー・メイザース

・魔導書ソロモン王の鍵 編著者:青狼団

・萌える!ソロモン72柱の魔神事典 著者:TEAS事務所

・Wikipedia等





関連記事

怖い妖精まとめ!

家事や仕事を手伝ってくれる妖精まとめ!

悪魔 ハーゲンティについて

悪魔 ウアルについて

悪魔 ビフロンスについて

悪魔 ヴィネについて

悪魔 シャックスについて

悪魔 サブノックについて

悪魔 ウェパルについて

悪魔 フォカロルについて

悪魔 ラウムについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です