怪鳥 ハーピーについて

ハーピーとは

ハーピーとはギリシア神話に登場する上半身が女性で下半身が鳥、両腕の代わりに翼が生えた怪鳥である。

ハーピーは元々は風の精霊(風の破壊的な性質を擬人化したもの)であり、これまで多くの作家達によって意地が悪く卑しい生き物として描かれてきた。

ちなみにHarpyハーピーは英語読みで1体のハーピーまたはハーピーという種族全体を意味し、複数形はHarpiesハーピースであり、「かすめる者・かすめ取る者」を意味する。

アエロ(Aello「疾風」)・オシペテ(Ocypete「速く飛ぶ者」)・ケライノ(kelaino「闇」)の3姉妹がオリジナルのハーピーとして有名である。

※作家によっては名前が違っていたり4姉妹だったりもする





容姿

ハーピーの容姿は老婆のような顔をした醜いものだと一般的に言われているが、作家によっては美しい乙女のような容姿を持っていると主張した。

例えば古代ギリシアの作家ヘシオドスはハーピーは美しい髪を持った乙女のような容姿をしていると考えていたらしい。


ハーピーが登場する有名な話

ハーピーが登場する話の中で最も有名なのが「アルゴナウタイの冒険」に登場するトラキア王フィネウスハーピー達の物語である。

ここでは簡単に物語の一部を省略して記述する。

ー主神ゼウスによって予言の力を得たトラキア王のフィネウスはそれを濫用らんようし神の秘密の計画を漏らした事でゼウスから視力を奪われ、とある島に送られた。

その島では食べ物が用意されていたがフィネウスは飢えに苦しんだ。

なぜなら食卓には毎日ハーピー達が遣わされ、フィネウスが飢えを癒す前に食べ物を奪っては貪り食い、食べきれない分には悪臭のする汚物を撒き散らしてフィネウスが食べられないようにしたからだー

フィネウスの不運はアルゴー探検隊(ギリシア神話の英雄達による探検隊)がこの島にやって来てハーピー達を退治するまで続いたという。

ちなみに私が実際に読んだ話ではフィネウスの元に遣わされたハーピーはアエロオシペテケライノの3姉妹であった。





関連記事

合成獣 キマイラについて

合成獣 スフィンクスについて

地獄の猟犬 ヘルハウンドについて

巨人 サイクロプスについて

獣人 ミノタウロスについて

獣人 ケンタウロスについて

幻獣 ユニコーンについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です