怪物 メデューサについて

メデューサとは

メデューサとはギリシア神話に登場する怪物である。

怪物としてのイメージの強いメデューサだが、父親は神ポルコス(大地母神ガイアと海神ポントスの息子)で母親はポルコスの妹の女神ケトであり、メデューサも元は女神の1柱であった。

またギリシアのある地域(コリントス)では大地の女神とされていた。

一説によると元々は美少女であったが女神アテナの神殿で海神ポセイドンと交わったためアテナの怒りに触れ、怪物にされてしまったという。





見た目・能力

一般的にメデューサと言えば頭髪が毒蛇で、翼をもつ女性の姿で描かれる事が多い。

※近年の創作物、映画や小説の中では腰に蛇を巻いた姿下半身がそのまま蛇の姿で描写される事があり、その場合は翼を持たない事が多い

また宝石のように輝く目を持ち、その目を見た者は石にされてしまうという。

さらにその効力は本人のメデューサが死んでも失われず、後に英雄ペルセウスが討ち取ったメデューサの首を使って敵を石化させる事に成功している。


ゴルゴン3姉妹

メデューサはゴルゴン3姉妹の三女であり、上に2人の姉がいる。

それぞれ、長女ステンノ(強い女の意)と次女エウリュアレ(広く彷徨う女または遠くに飛ぶ女の意)である。

ちなみにメデューサは「女王」の意で、ゴルゴンとは「恐ろしいもの」の意である。

一説によると3人とも元は女神であったが、三女のメデューサが女神アテナに怪物にされてしまった事に抗議したため二人の姉も同様に怪物にされてしまったらしい。

姉二人は不死身だが、メデューサだけは違ったので英雄ペルセウスに首を切られて退治されてしまった。


メデューサとペガサスとペルセウス

知らない人は驚くかも知れないが、実はペガサス(天馬)は海神ポセイドンとメデューサの子供である。

ペガサスは、英雄ペルセウスが女神アテナとオリンポス十二神の一人ヘルメスの助力を借りてメデューサの首を討ち取った時に、メデューサの首から噴き出した血から生まれたとされている。

ちなみにペルセウスはゼウスの血を引く半神である。

ペルセウスはメデューサを討ち取った後、首を袋に包んで運んだが、その際に砂漠にメデューサの首から滴る血が落ちて、サソリなどの猛毒の生き物が生まれたとも言われている。

またペルセウスがリビュア(現在の北西アフリカのナイル川より西側の地区)を渡っている際に、同じようにメデューサの首から血が大地に滴り落ち、その場所から様々な種類の蛇が生まれ、リビュアは多くの蛇が生息する土地になったらしい。





関連記事

幻獣 ペガサスについて

幻獣 ユニコーンについて

人魚 マーメイドについて

吸血鬼 ヴァンパイアについて

怪鳥 ハーピーについて

合成獣 キマイラについて

合成獣 スフィンクスについて

地獄の猟犬 ヘルハウンドについて

巨人 サイクロプスについて

獣人 ケンタウロスについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です