悪魔 ラウムについて

名:ラウム(Raum) 別名:ライム(Raim/Raym) 序列:40 爵位:伯爵 惑星 :火星 星座:金牛宮きんぎゅうきゅう(おうし座)





ラウムとは

ラウムとは悪魔学における悪魔の一人で、『ゴエティア』に記載された「ソロモン72柱の悪魔」の1柱を担う魔神である。

『ゴエティア』によると、ラウムは地獄の魔神30個軍団を支配する序列第40の悪魔にして、偉大なる地獄の伯爵であるという。

また、彼は最初に術者の前に現れる時はカラスの姿をしているが、後に術者の命令に応じて人間の姿を取るそうだ。

次に、ラウムの持つ能力や術者にもたらす恩恵についてだが、彼は王の館から財宝を盗み出し、術者の望む場所に運ぶという。

他にも都市を破壊したり、人間の権威尊厳おとしめたり、過去、現在、未来に関する全ての物事を語ったり、友人(味方)と敵との間に愛情を生じさせたりするそうだ。

以上が彼の持つ能力や権能けんのうであるが、非常に強力な力を持っている事が分かる。

彼を召喚し、使役しえきする事が出来れば莫大な富を得る事が出来るし、敵味方の争いを収める事も出来る。

さらに、腹いせに都市を破壊したり、嫌いな人間の権威や尊厳を貶めて社会的な制裁を加える事も出来る。

おまけに、過去、現在、未来に関する全ての物事を知る事が出来るので是非とも召喚したい悪魔の一人だ。

なお、術者はラウム(下記)の印章を羊皮紙ようひしまたは金属板に書いて身に着けておかなければならず、もしも怠った場合は彼を従える事は出来ず、恩恵は受けられないそうなので注意されたし。


備考

キリスト教には悪魔は天使が堕落したものだという考えがあるが、実際に『ゴエティア」に記載された「ソロモン72柱の悪魔」の中にはかつて高位の天使の座についていたものが数多くいる。

そして、ラウムもそのひとりであり、彼はかつて座天使ざてんしの階位にあったそうだ。

なお、座天使は神学における天使の階級の中で上から3番目に偉いとされる天使の総称である。

以下に天使の階級をまとめたものを記載しておくので参考にして欲しい。

上位三隊「父」の階層

熾天使してんし

智天使ちてんし

座天使ざてんし

中位三隊「子」の階層

主天使しゅてんし

力天使りきてんし

能天使のうてんし

下位三隊「聖霊」の階層

権天使けんてんし

大天使だいてんし

天使


参考文献

・英語版ゴエティア 英訳:マクレガー・メイザース

・魔導書ソロモン王の鍵 編著者:青狼団

・萌える!ソロモン72柱の魔神事典 著者:TEAS事務所

・Wikipedia等





関連記事

怖い妖精まとめ!

家事や仕事を手伝ってくれる妖精まとめ!

悪魔 マルファスについて

悪魔 ハルファスについて

悪魔 フェネクスについて

悪魔 ストラスについて

悪魔 マルコシアスについて

悪魔 フルフルについて

悪魔 ガープについて

悪魔 アスモダイについて

悪魔 フォラスについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です