悪魔 ヴァラクについて

名:ヴァラク/ウァラク(Valac) 序列:62 地位:総裁 惑星 :水星 星座:人馬宮じんばきゅう(いて座)





ヴァラクとは

ヴァラクとは悪魔学における悪魔の一人で、『ゴエティア』に記載された「ソロモン72柱の悪魔」の1柱を担う魔神である。

『ゴエティア』によると、ヴァラクは地獄の魔神38個軍団を支配する序列第62の悪魔、強大にして偉大なる地獄の総裁であるという。

また、彼は天使の羽の生えた男の子のような姿で、二つ首の竜に乗って現れるそうだ。

次に、彼の持つ能力や術者にもたらす恩恵についてだが、彼は隠された財宝に関する質問に完璧に答えるという。

他にも彼は、どこにいけばを見つける事が出来るかを術者に教え、また、その蛇を強制する事なく術者の元へ連れて来て使役させる事が出来るそうだ。

なお、『ゴエティア』や『ゴエティア』と関係の深い魔導書『悪魔の偽王国』には上記のように「」を連れて来て使役させるという風に記述されているが、これは蛇だけでなく他の爬虫類やドラゴンなどの場合もあるようだ。

実際に日版のウィキペディアには「爬虫類を統率する事ができる」と言う風に書かれている。

要は、ヴァラクはドラゴンや蛇を含むあらゆる爬虫類の居場所を術者に教え、また、それ等の生物を強制する事なく術者のもとに連れて来て従わせる事が出来るという解釈で大丈夫だろう。

いずれにせよ、ヴァラクを召喚しその力を借りたい者は、彼(下記)の印章を羊皮紙ようひしまたは金属板に書いて身に着けておくべきであり、もしも怠った場合は彼を従える事は出来ず、恩恵は受けられないそうなので注意されたし。

ちなみに、ヴァラク/ウァラクは別名でヴォラク/ウォラク、ヴァル/ウァルなどと呼ばれる事もあるようだ。


備考

19世紀フランスの文筆家コラン・ド・プランシーによって書かれた悪魔解説書『地獄の辞典』には前項で紹介した能力や権能けんのうの他にも、ヴァラクは「惑星の在処ありかを教える」とも書かれているそうだ。

惑星の在処とは恐らく、惑星の通り道(軌道)やそれに関係した占星術などの事ではないかと思われるが、詳しくは分からない。

なお、以下の挿絵は『地獄の辞典』のヴァラク(ヴォラク)の項目に描かれたものである。

ところで、この挿絵からはドラゴンが小さいのか、それとも子供の天使が巨大なのかは私には判断がつかない。


参考文献

・英語版ゴエティア 英訳:マクレガー・メイザース

・魔導書ソロモン王の鍵 編著者:青狼団

・萌える!ソロモン72柱の魔神事典 著者:TEAS事務所

・Wikipedia等





関連記事

怖い妖精まとめ!

家事や仕事を手伝ってくれる妖精まとめ!

悪魔 ザガンについて

悪魔 ヴァプラについて

悪魔 オリアスについて

悪魔 アミーについて

悪魔 オセについて

悪魔 グレモリーについて

悪魔 オロバスについて

悪魔 ムルムルについて

悪魔 カミオについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です