独裁者 ヒトラーについて

ヒトラーはナチス・ドイツの最高指導者にして歴史上最も悪名高い独裁者である。

ヒトラーと言えばユダヤ人への迫害行為をイメージする人が多いと思うが、その他の事について知っている人は余りいないだろう。

そこで今回はヒトラーや彼の指揮したナチ党について私が知っている事や調べた事などを簡潔にまとめて分かりやすく紹介していきたいと思うので、最後まで楽しんで読んでくれたら幸いだ。





ヒトラーの基本情報

先ずは生誕や死没、身長、出身地などヒトラーに関する基本的な情報を箇条書でまとめてみよう。

・名前:アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)

・別名:オオカミ(Wolf)、オオカミ閣下(Herr Wolf)、オオカミ男(Werwolf)、カーペットイーター(Teppichfresser).etc.

・生誕:1889年4月20日オーストリア

・死没:1945年4月30日ドイツ(56歳没)

・死因:青酸カリを服飲ふくいんした直後に拳銃自殺

・墓所:遺骨はドイツ東部に流れるエルベ川に散骨されているので、墓はない

・身長:172~175センチメートル

・首相任期:1933年1月30日~1945年4月30日

・配偶者:エヴァ・ブラウン1945年

・子供:なし


ヒトラー(ナチ党)による迫害行為

冒頭でも触れたが、ヒトラーと言えばユダヤ人への迫害行為をイメージする人が多い。

だが、実際はユダヤ系の人々だけでなく、黄色人種や黒色人種、スラブ系やロマ(中東欧に居住する移動型民族)なども迫害の対象だったそうだ。

また、人種や民族に関係なく、ドイツ人であったとしても身体障害者や精神障害者、同性愛者、ナチ党が反社的とみなした団体や人物なども「生きるに値しない命」とみなされ、迫害、断種、殺害されたという。

例えば、ナチ党が行った残虐非道な迫害政策として有名なのものに1939年7月に策定された「T4作戦」というものがある。

この作戦は回復の見込みのない患者(身体障害者や精神障害者)に対して慈悲死を与える事を目的とした強制的な安楽死政策である。

分かりやすく言えば、ナチ党による「慈悲的安楽死」と銘打った社会的弱者の大量虐殺である。

しかも安楽死と言っているが犠牲者のほとんどは銃殺されたりガス室で殺害されたりしたそうだ。

なお、この作戦の犠牲者の中には年端としはもいかない幼児なども含まれていたという。


当時の雰囲気が味わえる映画やドラマ

当時の雰囲気を知りたい場合は当時の様子を描いた映画やドラマなどがお勧めである。

そこでここでは私のお勧めする映画やドラマを幾つか紹介していく。

先ず、ドラマでは「バンド・オブ・ブラザーズ」がお勧めだ。

このドラマは主に戦場におけるアメリカ兵たちに焦点を当てた作品なのだが、途中でユダヤ人の強制収容所なども出てくるので、当時の様子を垣間見る事が出来る。

何よりドラマとしての完成度が非常に高いので是非一度観て欲しい。

次に、映画では「戦場のピアニスト」や「縞模様しまもようのパジャマの少年」「ライフ・イズ・ビューティフル」「シンドラーのリスト」などがお勧めである。

いずれも名作なのでまだ観たことのない方はこの機会に一度観てみてはいかがだろうか?

特に「戦場のピアニスト」は戦時中のユダヤ人ピアニストが時代に翻弄される様子を描いた作品なのでヒトラー率いるナチ党の残虐非道ぶりが良く分かるのでお勧めだ。





関連記事

発明家 エジソンについて

芸術家 レオナルド・ダ・ヴィンチについて

芸術家 ピカソについて

画家 サルバドール・ダリについて

画家 ゴッホについて

剣豪 宮本武蔵について

幕末の志士 坂本龍馬について

文豪 夏目漱石について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です