死神 Deathについて

死神とは

死神とは生命の死を司る神、冥府の管理者または冥府の神と同一視される事もある超自然の存在である。

基本的に死神とは人間の死への恐れや畏怖いふを擬人化したものであり、国や地域、宗教によって異なる性質や特性、役割などを持った死神の存在が伝えられている場合もあるが、いずれにせよ死神は「死を司る超自然の存在」と考えられている。

上記の画像のような死神のイメージ、大鎌を持ち、ローブをまとった人間の白骨の姿は西洋に伝わる最も一般的な死神のイメージ像である。

英語圏では死神はDeathデスまたはGrim Reaperグリム・リーパーと呼ばれ、基本的に死者の魂が迷わないように冥界に案内する役割を担っているとされる。

その一方で死神は死が間近に迫った人間の元を訪れ、その際に一度大鎌を振り上げると、必ず何者かの魂を刈り取ると言われ、死を免れたければ、他の者を身代わりに捧げなければいけないとされる。

このような死神のイメージから、西洋では人間が自分の死の運命(死神)から逃れようとする話などが広く一般的に伝わっている。

ちなみに日本における死神とは人間を死に誘う神、または人間に死ぬ気を起こさせる神とされるが、西洋のDeathデスGrim Reaperグリム・リーパーのようにイメージは確立されていない。

仏教においては死魔しまと呼ばれる人間に衝動的な自殺願望を与える魔物を死神とする場合もあるらしく、

また、冥界の王とされる閻魔えんまやその部下のなどが死神の類とされる事もあり、日本神話においては人間に死を与えたイザナミを死神とみなす場合もあるらしい。





死神とされる者達

ここでは教典や神話などに登場する死神とされる存在についてそれぞれ簡単に説明をしていく。

サリエル

サリエルとはキリスト教における死を司る天使の事である。

神に忠実な天使で位も高く、神の玉座ぎょくざ近くにはべる権利を持つとされる。

一説には大鎌を持ち、死者の魂を狩るとも言われている。

※キリスト教は一神教なので死を司る神、死神はいない


アズラエル

アズラエルとはイスラム教における死を司る天使の事である。

片手には全ての生者の名前が書かれた書物を持ち、人が死ねばそこから名前が消えると言われている。

また、一説にはサリエルのように死者の魂を刈り取るための大鎌または草刈鎌を持つとも言われている。

※ユダヤ教、キリスト教においても同様に死を司る天使とされる場合もある

※イスラム教は一神教なので死を司る神、死神はいない


タナトス

タナトスとはギリシア神話における死神の事であり、死そのもの神格化した存在である。

人間に割り当てられた寿命が尽きるとその人間の元へ行き、その者の髪を一房ひとふさ切り取ってハデス(ギリシア神話における冥界の王)に捧げ、それからその者の魂を冥界に連れて行くと言われている。

ちなみに英雄の魂はルメス(オリンポス十二神の一人)が冥府へ運び、凡人の魂はタナトスが冥界へ運ぶとされている。

つまり私の魂はヘルメスが運んでくれる事だろう( ..)φメモメモ


アヌビス

アヌビスとはエジプト神話における冥界の神の事である。

犬またはジャッカルの頭部を持つ半獣の姿で描かれるが、これは古代エジプトにおいて、墓場を俳諧はいかいする犬またはジャッカルの事を死者を守ってくれていると考えたからである。

オシリスが冥界の王となった後はラーの天秤てんびんを用いて死者の罪を量る役目を担ったと言われている。

ちなみに冥界に死者の魂を案内するのは別の神であり、アヌビスの役割ではないとされている

※他にはシリスセケルなども死を司る神とされる場合もある





関連記事

妖精 ゴブリンについて

怪物 メデューサについて

幻獣 ペガサスについて

人魚 マーメイドについて

吸血鬼 ヴァンパイアについて

怪鳥 ハーピーについて

合成獣 キマイラについて

合成獣 スフィンクスについて

地獄の猟犬 ヘルハウンドについて

巨人 サイクロプスについて

獣人 ケンタウロスについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です