悪魔 サミジナについて

名:サミジナ(Samigina) 序列:4 爵位:侯爵こうしゃく 惑星 :月 星座:金牛宮きんぎゅうきゅう(おひつじ座)

※金牛宮は黄道十二宮こうどうじゅうにきゅうの二番目の宮であり、当時は牡牛座おうしざに相当したが、現在は歳差さいさのため牡羊座おひつじざにあるそうだ





サミジナとは

サミジナとは悪魔学における悪魔の一人で、『ゴエティア』に記載された「ソロモン72柱の悪魔」の1柱を担う魔神である。

『ゴエティア』によると、サミジナは地獄の魔神30個軍団を支配する序列第4の悪魔にして、偉大なる地獄の侯爵であると言う。

また、彼は初めは小柄な馬、もしくはロバの姿で召喚者の前に現れるが、術者の求めに応じて人間の姿を取ると言われている。

次に彼の持つ能力や術者にもたらす恩恵についてだが、サミジナは幾何学きかがく算術さんじゅつ、文法、論理学、修辞学しゅうじがく、音楽、天文学など古今東西ありとあらゆる基礎教養学問に精通しており、術者にこれ等の学問を教えるそうだ。

他にも、サミジナは死後の世界にも精通しており、召喚者が望めば過去に罪を犯して死んだ魂たちの事を語るという。

なお、これは降霊術こうれいじゅつを介して行われるので、術者は死者の魂に直接質問をする事が出来、また、自在にあやつる事も出来るそうだ。

まとめると、術者はサミジナを召喚し、使役しえきする事で、広く深い教養を身につける事が出来、さらに罪を犯して死んだ者の魂(霊魂)に質問をしたり、意のままに操ったりする事が出来るという訳だ。

さて、なかなか興味深い能力を持つサミジナだが、彼を召喚してその力を借りたい者は彼(下記)の印章を羊皮紙ようひしまたは金属板に書いて身に着けておかなければならず、もしも怠った場合は彼を従える事は出来ず、恩恵は受けられないそうなので注意されたし。

ちなみに、『魔導書ソロモン王の鍵(青狼団)』によると、「こっくりさん」などの降霊術を行う際にサミジナを前もって召喚し、使役する事で、儀式の精度を高め、その効力を上げる事が出来るそうだ。

また、その時に用いた護符を枕の下に入れて眠る事で、夢の中で死者に会う事も出来ると言う。


備考

ご存じの通り爵位は本来は人間の貴族社会における階級を表すものであるが、悪魔社会の階級を表す場合にも用いられる。

ソロモン72柱の悪魔たちもそれぞれ爵位や地位を持っており、それらは当該悪魔の地獄における階級、偉さを表している。

その一方で、序列はソロモン王が呼び出して封印した悪魔の順番を示すものなので、偉さ、階級とは関係がないそうだ。

※ソロモン72柱の悪魔の中には総裁または長官の地位にある悪魔が数柱いるが、いずれも貴族社会における階級(爵位)には含まれていない

なお、サミジナの爵位は侯爵こうしゃくであるが、貴族社会の階級には日本語読みで全く同じ読み方をする別の爵位もある。

それは公爵こうしゃくである。

公爵は王や皇帝などの君主の次に偉いとされる階級であり、侯爵は公爵の次に偉いとされる階級である。


参考文献

・英語版ゴエティア 英訳:マクレガー・メイザース

・魔導書ソロモン王の鍵 編著者:青狼団

・萌える!ソロモン72柱の魔神事典 著者:TEAS事務所

・Wikipedia等





関連記事

怖い妖精まとめ!

日本ではあまり有名じゃない世界の精霊まとめ!

悪魔 ブエルについて

悪魔 パイモンについて

悪魔 バルバトスについて

悪魔 アモンについて

悪魔 ヴァレフォールについて

悪魔 マルバスについて

悪魔 ヴァッサーゴについて

悪魔 アガレスについて

悪魔 バエルについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です