地上最強の生物アフリカゾウの倒し方を考察しよう!

アフリカゾウは陸上で暮らす生き物の中で最も大きな動物だ。

体長は4~6メートル、体重は4~7トンほどもあり、ほとんど10tダンプと同じ大きさだ。

その強さは桁違いであり、間違いなく地上最強の生物である。

今回はそんなアフリカゾウの倒し方を考察していきたいと思うので、最後まで楽しんで読んでくれたら幸いだ。

なお、実際に野生動物を悪戯に傷つける事は法律で禁止されているし倫理的にもよろしくないので、あくまで倒し方を考察するだけにしておこう。





アフリカゾウの基本情報

先ずはアフリカゾウの基本的な情報を箇条書でまとめてみよう。

・体長:4~5メートル

・体重:4~7トン

・肩高:3~4メートル

・鼻の長さ:1.5~3メートル

・牙の長さ:1~3メートル※メスの牙はもっと短い

・皮膚の厚さ:2.5センチメートルほど

・生息地:サハラ砂漠以南のアフリカ

・生息域:草原、森林、砂漠地帯、半砂漠地帯、山岳地帯

・最高速度:30~40km/h

・木登り:出来ない

・水泳:出来る

・戦闘スタイル:アフリカゾウのオス同士の争いではお互いに鼻を押し付けあったり、牙で突き合ったりして勝敗を決めるが、相手が自分よりも遥かに小さい場合は前肢で蹴ったり踏みつぶしたりする


考察

冒頭でも言ったが、アフリカゾウは先ず間違いなく陸上に生息する動物の中で最強である。

ライオンサイカバなどアフリカには強い動物がたくさんいるが、アフリカゾウには到底敵わない。

ライオンに限っては余りにも空腹の場合は数十頭で協力して一頭のアフリカゾウ(成獣)を襲う事もあるが、1対1では勝負にならない

それほどまでに体の大きさというのは強さに影響するのだ。

だが、知恵を用いて闘えば最小限の武器だけでアフリカゾウを倒す事も理論上は可能である。

例えば、アフリカゾウの臀部でんぶにナイフを突き刺しながら背中によじ登って、上から彼等の最大の急所である胸部(心臓や肺など)をナイフで突いて仕留めるというのはどうだろうか?

胸部と言っても下に潜り込むのは危険なので、あくまでも背中の上から狙うのが良いだろう。

または背中に乗った状態で、アフリカゾウの脇腹(前肢の付け根あたり)を狙うのも良いだろう。

なお、「臀部からよじ登る」という方法は一見すると無茶な事のように思えるが、実際は最も安全で合理的な方法だ。

何故なら、アフリカゾウは馬のように後ろ蹴りをしないからである。

もちろん踏みつぶされるリスクはあるが、注意しながら飛びつけば何とかなるハズだ。

実際に、以前私はアフリカに生息する動物たちを撮影したあるドキュメンタリー番組の中で一頭のライオンがアフリカゾウの臀部に噛みついている映像を観たのだが、アフリカゾウは前に走るだけで臀部に食らいついたライオンを振り払えないでいた

要は、後ろからよじ登られたらアフリカゾウには為す術がないという事だ。

ただし、アフリカゾウの体高は3~4メートルほどもあるので、胸部や脇腹を攻撃する際にバランスを崩して落ちてしまったら大けがをする可能性もある。

何よりもその際に頭部や胸部、腹部などを踏みつぶされたら即死である。


アフリカゾウの倒し方まとめ!

臀部でんぶから背中によじ登る

・背中から胸部や脇腹にナイフを突き立てる

・落ちないように気をつける





関連記事

ヌーの倒し方を考察しよう!

シマウマの倒し方を考察しよう!

オオアリクイの倒し方を考察しよう!

ピューマの倒し方を考察しよう!

トラの倒し方を考察しよう!

百獣の王ライオンの倒し方を考察してみよう!

ホッキョクグマの倒し方を考察しよう!

セイウチの倒し方を考察しよう!

オオカミの倒し方を考察しよう!

キリンの倒し方を考察しよう!

ヒクイドリの倒し方を考察しよう!

ダチョウの倒し方を考察しよう!

エランドの倒し方を考察しよう!

ワニの倒し方を考察しよう!

ヒグマの倒し方を考察しよう!

ツキノワグマの倒し方を考察しよう!

シロサイの倒し方を考察しよう!

アフリカスイギュウの倒し方を考察しよう!

チーターの倒し方を考察しよう!

カバの倒し方を考察しよう!

カンガルーの倒し方を考察しよう!

ゴリラの倒し方を考察しよう!

最強の毒蛇キングコブラの倒し方を考察しよう!

コモドドラゴンの倒し方を考察しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です